ツーリング、イベント、新製品生情報、裏ネタ!? 満載でお届けするサッシュ・ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
GPスクリーンを今回は F3リミテッド に装着させていただきました。

今回も ライトスモークグレー の Lサイズです。
全長63センチで、純正スクリーンのほぼ2倍!



F3リミテッド用には 『カエシ』が無いので歪みがほぼありません。



トップケースも標準装備になり、ツアラー要素がより強まったF3リミテッド。
ロングスクリーンで快適なツーリングをサポートします。

本日晴天のなか再撮影しました。

以前、ちょろりと紹介させていただいたカラースクリーンですが



このたびサッシュは GPスクリーン社の正規ディーラーになりました。
海外のスパイダー乗りの間では定番となりつつある車種専用スクリーンです。
GPスクリーン社は今年創立50周年を迎える老舗の名門スクリーンメーカーです。
メールのレスポンスもかなりよく、いい意味で海外らしからぬメーカーです。
Jennifer、Zach、いつもありがとう。

個人的にはF3用 Lサイズのスクリーンの



この『カエシ』が超かっこいい!!!最高!最高!
『カエシ』がないと原付風防にみえるのは私だけ・・・???



GPスクリーンの特徴のひとつでもあるカラーオーダーが可能です!
しかも追加料金は一切かかりません。メーカーがあなたのために製作します。
メーカーより色見本も届いております。



先行予約いただいたみなさまお待たせいたしました。



スモーク系は人気ありますねー。
スモークだけでも4種類ありますので色見本チェックにご来店ください。

サイズ・カラー等は後日改めて御紹介いたします。

早速、雨の中ご来店いただきました。
ちきんはうす のマスター、いつもありがとうございます!!!
高さは、純正アクササリー『ブルーリッジ ウインドシールド』 + 22cm。
※写真は Lサイズ の ライトスモークグレー になります。




天気の良い日に撮影させていただきました。

      
誰も買わないので、買ってみました。
まだメーカーには少し在庫があるようです。



当然『素』のまま乗るハズもなく、いろいろ手を加えてみようと思います。

ご存知だと思いますが、
手を加えるのはメカで、口を挿むのが私です。
黄パイダーとは180°違ったコンセプトで仕上げていく予定です。
かなり実用性のあるツーリングマシンになるかもしれません。
仏壇カラーを生かすも殺すもカスタム次第・・・

10th ANNIVERSARY F3S カスタムプロジェクト、まもなくはじまります。
ニューアイテムの御紹介です。



先日紹介した『プライマリー』さんに目を通すと
カスタムハーレーのほとんどが、カラースクリーンを装着しています。




パーソナルカラー、ボディカラーに合わせてスクリーンを纏う。
日本ではまだまだ目にする事は少ないですが、コレは技ありです!
ハーレーカスタムの最先端なんでしょう。

そんな、今いちばんホットなカスタムをスパイダーにも取り入れてみました。
おそらく日本初上陸なのでは???
記念すべき1枚目は有名な あの方 のF3リミテッド。



説明不要。いつもの オレ●ジなかがわ号。

   

ますます個性的な車両になりました!
高さノーマル+8㎝アップ( 全長 40㎝ )で、この時期には重宝します。
海外製品にありがちな歪みも感じられず、これは信頼できそうです。
最終工程は日本で行いますので安心です。

F3T・F3リミテッド用と
F3用(純正アクセサリーのステーを使用)があります。
サイズもS/M/Lありますので詳しくはお問い合わせください。
(全長・全幅をお知らせします)
※写真はSサイズになります。

今のところ在庫する予定はありませんので、勇気ある方のみオーダーしてください。
スモーク・ダークスモーク系はノーマル車両にもマッチしそうですね。

選べるカラー、なんと18色!!!
①クリアー


②ダークスモークグレイ
③ダークスモークブロンズ


④パープル


⑤アンバー(実車取付カラー)


⑥ダークブルー


⑦グリーン


⑧ブラック(透過してません)


⑨ホワイト(透過してません)


⑩ライトスモークグレイ


⑪ライトスモークブロンズ


⑫ライトブルー


⑬レッド


⑭蛍光オレンジ


⑮蛍光グリーン


⑰蛍光ピンク


⑱蛍光レッド
以前からご要望の多かったボンネットなどのレーシングラインデカール。
ラインの本数やカラーも自由にお選びいただけるようになりました。



豊富な色見本(一部抜粋)  



早速ご依頼いただきました。一番人気は、定番カンナムレッド。




おや!?アメリカンな仕上りになりましたね!!



見つけてください、自分のカラー。
RTシリーズのみに採用されている左スイッチBOX内のPTTボタン。

 

Push To Talkの頭文字をとり、本国ではアクセサリーのCB無線取付時の通話用ボタンなんです。
トランシーバーみたいに押して喋るときのボタンですね。
電波法の関係で日本では使用できませんが、このたびカスタムに一役買っていただきました。

F3Sの場合。
グリップヒーターのスイッチと弊社シートヒーターのスイッチを使えば
キー横の、もともとブランクだった丸スイッチはもう使えません・・・。



ここでユーザー様より『LEDヘッドライト本国仕様化』のご依頼が!!!
勘のいい人ならもうお分かりですね。
通常であれば丸型のフォグスイッチを流用するケースがほとんどです・・・
でも、もう満車・・・。

ここでPTTボタンの出番です。もぞもぞ移植&加工します。




一度押すと点灯。もう一度押すと消灯。



一度押すと点灯。もう一度押すと消灯。



誰にもさとられず、スマートにON/OFFが可能です。
いろいろと可能性を秘めたPTTボタンの流用方法のご紹介でした。
さて12月です。
冬への備えは万全ですか?

ここへ来て『ヒーテッドシート加工』の依頼を多くいただいて、
寒がりの皆さまには大変お待たせしております。

おもにF3ユーザー様へのカスタムとしてご提案させていただいてましたが、
今回RTシリーズへも取付しましたので紹介させていただきます。

このたび MY16 RT-S Special Series に施工させて頂きました。



ご存知の様に、スペシャルシリーズはレッドステッチの特別豪華シートです。
専用のヒーテッドコンフォートシートの設定はメーカーに無し。
ユーザー様と相談の結果、無いものは作ろうという結論に。
そして出来上がったのがコチラ。

ドライバー用フロントスイッチ(赤→強 緑→弱)


パッセンジャー用リアスイッチ(赤→強 緑→弱)


純正アクセサリーと大きく違うところは
グリップヒーターのスイッチと別にスイッチがあり、
手とおしりが独立して温められます。
痒い所に手が届くならぬ、寒い所に暖をとる。ってやつです。

『気合』『我慢』『若さ』で乗り切る冬は終わりました。
この冬、乗り遅れるな!おしりに春を手に入れろ。

※シート施工中の貸し出しシートの準備できました。
初回点検で御入庫いただいた際に撮影させて頂きました。
MY16 F3S Special Series



左後部に車イス用のキャリアを装着。



安定性向上&固定用の特注ステップ。



そして左右ブレーキレバー。



当店では頑張る人を応援します!
まずはお電話ください。
あなただけのスパイダー、製作します。

クセの強い方々が少なくなってきましたので、
ここらで少しご紹介させていただきます。



hibikiブランドパーツ開発車輌のMY15 F3S SM6です。
オリジナル部品の開発には、この車輌が実験台となります。

そんなhibiki、F3Sの場合。

これが、




こうなって、




こうなる。



ド派手なグラフィックが目を引くモデル。前回のイエロー/ブラックから
ホワイト/ブルー/イエローの3色へ。
プロデューサー曰く、イメージは『あの頃のミニ四駆』。



いまでもトキメキますねぇ・・・。こりゃー、うっかり歳がバレます。

・・・本題に入ります。
ホイール、ハンドルバー、スプリング等、焼付塗装はじめました。
キズつき易い部分に特にオススメです。
純正、社外部品のカラーコンバート、ご相談ください。




定番のフェンダーレスキット、好評ワイドブルーミラー、hibikiステンマフラー。




PSCグラフィックデカール(hibikiスペシャルモデル非売品)
※通常品はOakleyロゴ→Black Flysロゴになります。


クドいようだが、イメージは『あの頃のミニ四駆』。



イメージに合わせてあなただけのスパイダーをプロデュースします。
ぜひ購入時にご相談ください。
F3用スリップオンサイレンサー第2弾
『hibikiスリップオン セカンド』ようやく出来上がりました。



現行のアップタイプだと様々な問題
(ノーマル車につかない・タンデムしづらい・カバンつかない)を
全てクリアしたマフラーです。
音量もアイドリング時75.8dB、3625rpm時、92.0dBと海外製社外マフラーに比べ
いろいろ配慮した音量に設定。(インナーバッフル付属)
サイレンサーボディはカーボン製とステンレス製の2タイプ。



全4種類の『hibikiスリップオン』シリーズ。
通販サイト『sashu2han』から購入いただけます。

リンク
サッシュ・ホームへ
サッシュ・ウェブサイト

トライク・サイドカー・オートバイを扱う京都のバイクショップです。

カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8 9
10 11 12 15 16
17 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ

アクセス解析
カウンター