ツーリング、イベント、新製品生情報、裏ネタ!? 満載でお届けするサッシュ・ブログ
カンナムライカーの先行予約を開始します。



価格は相変わらず 予価 ですが
3/29の発売までにご予約いただいた方には
エピックシリーズのパネル
イモータル・ホワイト(白)
カーボン・ブラック(黒)
リキッド・スチール(銀)
いずれか1セット
を追加でプレゼント致します。

車両のカラーが
インテンス・ブラック
アドレナリン・レッド
イエロー・ショック
の3色なので、その日の気分で外装交換できます。

カンナムライカー600は コチラ から
カンナムライカー900は コチラ から
900ラリーエディションは コチラ から
※GOOバイクのサイトへジャンプします。




とうとう ヤツ がやってきました!



2019年ニューモデル 『カンナムライカー』日本国内仕様。

本国仕様との違いは・・・
①ヘッドライト(フォグ)追加装備
これはスパイダーシリーズ同様に外側のフォグをLOWビームに、
中央の二眼をHIビームにすることで国内規制に対応。

コレはすぐに4灯仕様の本国仕様の開発が必要ですね(笑)




②テールランプ・リアウインカーの国内規制対応
これは日本独自に製作された仕様です。

はい。すごいですね!
かっこ〇いですね(笑)




ちなみに同時に展示されていた オーストラリア仕様はこんなカンジ。




んで、アメリカで見た本国仕様。



ココはどう料理するか考えます。


早速、日本の公道を交代で少し走ります。
今回試乗させていただいたモデルは、
『カンナムライカー900ラリーエディション』




アメリカで乗っていたモデルだったので、
次の方のために・・・



エコモードをOFFにして・・・




スポーツモードに切り替えておきました。


今回の試乗でも感じたのですが
スパイダーシリーズとは全く味付けの違う乗り物で
完全オートマチックなのでハンドル操作に集中できます。
家族への増車も アリ です。

3/29  RYKER 発売決定!

気になる価格ですが 『販売予定価格』

カンナムライカー600
¥1,400,000-
      
カンナムライカー900
¥1,650,000-

カンナムライカー900ラリーエディション
¥1,800,000-

で落ち着きそうです!
スグに御予約いただければ素敵なゴールデンウイークになるかも???
さらに 3/29 までに先行予約いただいた方には 豪華特典 付き!!!
初回入荷台数が限られます。ご相談ください。

このあと少し お勉強して・・・




意見交換をしました。
みなさんおなじみ国内ディーラーさま。




なんかの謝罪会見に見えますが・・・



BRPジャパン新社長より・・・



『2018 SPYDER OF THE YEAR』をいただきました。
みなさん、おめでとうございます。

あとはBRPジャパン主催のイベントや
ツーリングに関しての打ち合わせをしました。

さぁ、今年も楽しんでいきましょう!



月島もんじゃ 食って帰りました。
ホリタのHさん、目がヤバすぎ。
国内デビュー間近の カンナム ライカー。
カタログが本日到着しました。

ご予約いただいてるお客様には、順次発送しております。
今しばらくお待ちください。



300冊ほど届いて・・・ちょっとひきました。
早くもらいに来てください。

中身は・・・



アクセサリー・ウェアも価格が公開されてます。
カスタムのシュミレーションもできます。
スパイダーよりオシャレなアパレル多いです。

気になる車両価格は今週末にお伝えできると思います。
今週末は ライカー日本仕様の試乗に行ってきます。

楽しみにお待ちください。
話題のcan-am RYKER、
どこよりも早く、入荷しました!
・・・店頭で実車をご確認ください???



・・・・うーん。なにかが不自然ですねぇ・・・
実はコレ、『can-am ryker ride builder』っていう
BRPオフィシャルアプリなんです。




外装色も着せ替えできたり、
純正アクセサリーを装着させたり、
自分だけのオリジナルライカーを製作できます。



到着まで ダウンロードして お楽しみください。
カンナムライカーの登場により、アパレルもさらに充実。
とにかくオシャレに乗って欲しい。
乗るからにはカッコよくです!




特設ブースはこんなカンジ




最終日の夜は、グローバル セレブレーションナイト。
世界のディーラーと世界のBRPスタッフで大騒ぎします!




ライカーの
日本での大ヒットを祈願して…



ペインティングです。
時を同じくして、ライカーもペインティング中で…



スプレーアートでみるみる個性的なライカーに!



…似たようなもので良ければ…トライしてみますよ…(返品交換不可)


まさかの、Joseeのファッションに
みごとインスパイアされたライカー。


ホテルに戻って、飲みなお…ミーティングです。

おなじみBRPジャパン 佐藤社長と
東京のおっちゃん リリカ 青柳社長。ん??ロレツが…??



おっちゃ…青柳社長とは週1ペースで電話で喋ってる気がします。
スパイダーの事、業務の相談、ダメ出しならぬダメ出され、グチなどいろいろです。
とにかく、モノをよぉー知ってはるから、困った時には電話です!
カスタムパーツの事も『黄パイダーに聞いた』って電話したらOKです。



A社長がベロンベロンでだんだん話がめんどくさくなったので
まことに残念では御座いますが
席をお立ちになられたタイミングで部屋に帰ります。




こんな素敵なデンバー最後の夜です。


チームスパイダーは日米連携して動いています。
…時差でアップが遅れましたが、カンナムライカー試乗速報です。



あ、タイトル微妙に変わったん、気づいちゃいました?
かなりの瓦版フリークですな。見すぎやで(笑)
瓦版、誰がどっから見にきたかわかるようになってんねんで。

…はい。これがライカー900のノーマル車です。



試乗の感想ですが、あくまで個人的なものですが、
数時間前の記憶と興奮のまま記してますので、そない着色されてません。
いちスパイダーユーザーのつぶやきです。
『ふーん』程度に捉えてください。

CVTのおかげで、初めての車両、初めての道でも
ハンドル操作に集中できます。スクータートライクって呼んでゴメン。
これ、ライトスポーツトライクだわ。でもスクーター並のお手軽感アリ。

コストとクオリティのせめぎ合いがよく伝わってくる様な、
よく言えばダイレクトなサスの動きとハンドリング。
パワステ無しでこのハンドリングは素晴らしい。

モード切替(エコ・エコオフ・スポーツ・ラリー)
高速ツーリングより峠のワインディングでかなり遊べそう。
車両と会話しながら、ほどほどにお使いください。

試乗後各方面から『うん、コレはコレで!』との声が多数。
ニュータイプの誕生を歓迎しておられました。

原付乗るより安全で、軽四買うよりリーズナブル。
これならアイツも乗れそう。人にオススメしたくなるトライク。

ざっとこんなカンジです。
バスでミーティング会場まで移動。バスで寝るので移動中の写真は無し。



まぶたを閉じて、販売戦略を寝る練る皆さま。
写真と本文は少ししか関係ありません。多分。
責任持たんが、直接聞こう。



だから移動中にって…(笑)

睡眠は専ら移動中の黄パイダーです。
宣言通り、ライカー試乗しました!!




バスで試乗会場へ移動。バスで寝るので移動中の写真は無し。
まもなく会場入り。
このビッグスケールにだんだん慣れてきました。




まずは600ccモデルがお出迎えです。
600はココの1台のみで、今回試乗はありません。




試乗車のライカーと先導車のスパイダー。




よく見たら、カスタムパーツを装着しているライカーや
ラリーエディションが数台混ざっています。




偶然なのか、運命なのか、
今回の試乗の相棒はコチラ!
アーミーグリーンのラリーエディション



出発前に基本操作とセッティング、
そして、ラリーモードへの切替方法を尋ねておきます。
まもなく出発です。




リンク
サッシュ・ホームへ
サッシュ・ウェブサイト

トライク・サイドカー・オートバイを扱う京都のバイクショップです。

カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1
3 4 5 7 8
10 12 15
20 21 22 23
24 25 26 27 28
ブログ内検索
アーカイブ

アクセス解析
カウンター