ツーリング、イベント、新製品生情報、裏ネタ!? 満載でお届けするサッシュ・ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
先日 御紹介させていただいた
F3S Liquid Titanium



よーく見てみると・・・



SSグリルが標準装備されているのですが・・・



なんと 黒いブーメランが!!!

正式な部品名称は『グリル トリム』といいます。
本国では2019年から 採用されております。

どーしても 従来のオレンジ が 好きになれない方、
税別 2,100- 円で 販売されてます。
付け替えが若干めんどくさい・・・。

純正部品なので、
各ディーラーさまにお問い合わせください。


F3S Liquid Titanium
詳細写真は コチラ (GOOバイクのサイトへジャンプします)





非常に よく似た カラーリング ですね。
大変ご好評いただいておりました、
F3Sの『カラーセレクトキャンペーン』は終了致しました。

主に
インテンスレッド(赤)・ベガスホワイト(白)・オックスフォードブルー(青)、
より個性的なF3Sを製作、御納車させていただきました。

キャンペーン自体は 終了したのですが、
今回 1台 サッシュで 製作 致しました。




アメリカで見た『Liquid Titanium』カラーの F3S です。



本国では 2019年から 採用されているカラーですが
おそらく 日本初上陸だと 思います。

ツヤ消しのチタンカラー(一部 ツヤ有り チタンカラー)が
ミリタリーっぽくもあり この秋にピッタリのカラーです。
ベース車のMY16 F3S にも よくマッチしてます。
オトナの F3S とでも言いますか、ひとつ上の 上質な印象です。


週末ショールームでお待ちしております。

昔、『女房と畳は新しい方が良い』なんて言葉がありましたが、
いまどきこの様な発言をすれば、
政治家なら 辞職、
おとうさんなら 家を追い出されてしまうでしょう。

新しいと云えば スパイダーRTの新型発表と同時期に
こちらも 新型発表されてました。




どうしても発売日に欲しくて・・・



アメリカ時間の 午前5時、
手荷物検査 真っ最中に 予約完了しました。


新型RTも 来春発売と同時に 乗りたい方
ご予約ください。

こっそり何色が国内発売されるかお教えします。

 



来春まで待てない方には
ディーラー認定中古車がオススメです。

★ MY17 RT-LTD       888km
★ MY17 RT-LTD     2463km
★ MY15 F3S SE6   2693km

★ MY16 F3-LTD     2525km



※時間軸を戻して
まるで1日のはじまりの様な
爽やかな気分でお読みください。

発表から一夜明けたラスベガスの朝です。




恒例のホテルまわりを散歩します。


敷地内だけですがこんな感じです。



さて新型RTの詳細を見ていきましょう。






先日、サッシュへやってきたデザイナーのクリスさん


壇上で解説をしています。なんかスゴいですね。

 



RTとRTリミテッドの違い、


RTリミテッドには


ダークエディションと


クロームエディションが存在。



など解説してくださいました。



ここで昨日の4台を改めて確認します。





ホワイト、RT




ブルーは、RT  (アクセサリーパーツ付)


レッドは、RT リミテッドダークエディション


グレーは、RT リミテッドクロームエディション(アクセサリーパーツ付)



となります。おわかりですか?



簡単に見分けるポイントは


TOPケースの有無


フロアボードのカラー


前後シートヒーターの有無などなど



まぁ、ほかにも色々あります。



新型の特徴としては、




23インチの特大ドライバーフットボード。


ドライバーシート座面、従来比2インチロング。


パッセンジャーシート座面、1インチロング。






LinQ ラックを使用すれば様々な運用が可能なトップケース部分のスペース。



あと、この後の情報はクリスに直接聞いたのですが


フロントサスペンションのダンパーを強化した為、


今のところFOXサスの設定はなし。


ただサイズは従来モデルと同じサイズだから


取り付け自体は…。



フロントグリルの最低地上高は従来モデルと


イコール。でも高くなったように見える。



ノーマルハンドルは新設計のものだが


F3用のアクセサリーハンドル、


『ショートリーチハンドルバー』と


『ロングリーチハンドルバー』が


取り付け可能との事。

ここまでの情報は あくまでも 本国仕様のものです。
日本仕様につきましては わかり次第 おしらせします。

アジアパシフィック地区(APAC)GM、
Gregoire氏と対談が終わりました。



2020年モデルの日本での販売計画と
現状の問題点などについて有意義な
話し合いとなりました。
会合をセッティングして頂いた
BRPジャパンさまに感謝申し上げます。

今後も頑張ってやっていきましょう。
スパイダーの未来は皆様の手の中にあります。



2020年ニューカンナムスパイダー
RTモデル動画 第2弾。

そして、あなたはだんだん欲しくなる…。



昨年の Club BRP 2019 の前日に
ディーラー訪問させていただいた、コロラド州の
SUN ENTERPRISES』の Shaneさんに
偶然 新型スパイダーの前でお会いしました!!



Shane は ショップから会場のホテルまで
わざわざ自分の車で 私を送ってくれました。

その時の記事はこちら

これだから Club BRP はやめられないです。

来年もきっと会いましょう!


さて、ラスベガスから転送された画像、動画データが
すぐ、日本で 編集され YouTube にアップされます。

これがチームスパイダーの連携プレー!


初公開! 
2020 Can-am SPYDER RT 新型発表会 日本最速



Club BRP 2020 ラスベガス会場へ到着しました。


日本のディーラーさまとも合流して、夕食後いよいよ


開会式です。



噂どおり







2020年にスパイダーRTがモデルチェンジです。




はいみなさん、全員カタオクレ決定です。


おめでとうございます。


しかし、写真がちょっと遠いですね。


これでも中央最前列なんすよ。


その後、展示場で


間近で見て、触れますので
くれぐれも寝ずにお待ちください。




細部をよく見てみましょう。


MY20 スパイダーRTシリーズ。



『F3リミテッド寄りのRT』とも思えなくもない


全体的なデザイン。


会場のあちらこちらから『...H●NDA???』『...G●LD WING??? 』


誰でも聞き取り易い英語が飛び交います。



エンジン、ミッション、ベルトドライブ方式、タイヤサイズは現行モデル同様です。






フロントマスクはライカーからの流れを踏んだ未来系フェイス。




踏まれたクリボーかドラクエのドルイドにしか...。



もはや時代の流れ。LEDヘッドライト。






メーターはMY18からのカラー液晶パネル。


とゆう事は、ナビは...アレっすわ(笑)






F3シリーズのバーハンドルと見慣れたミラー。


センターのパネルスイッチ類が一新されてます。






USB、AUX接続ケーブルはハンドルポスト前の


新設グローブBOX内へ移動。



フロントウインカーは昨年より採用されている


フロントフェンダーに搭載。ライカー方式です。






フロントカーゴも深さが増して容量アップ。

フロントのステップボードが巨人用になりました。


走りに合わせていろいろポジショニングできるので


疲労軽減と快適性向上になりました。






ブレーキペダルがどこかでよく似た形状になってしまいました。


すごく踏みやすいです。



次はリアを見ます。


左右のカーゴは現行モデルとサイズ変更ありません。


フタのデザインがカッコいいですね。



リアはテールランプがF3リミテッドの流用なので国内導入は問題なさそう。



トップケースですが今回、脱着可能になりました。




MY17からのF3LTDと同じパターンですが、


今回はLinQシステム採用で、クーラーBOXに付け替えたり、


フラットなバガースタイルにしたり、キャリアのみにしたり、


変更できます。




RTが標準でバガータイプ


RTリミテッドが標準でトップケースタイプのようです。



こまかいところでシート高も数センチ低くなり、


前後シートとも、面積が広くなってます。


密着度は良いのか悪いのか減ってます。



おっさんタンデムなら歓迎ですが
小さなお子様とタンデムなら対策が必要かも。


さらにセパレートシートになり、なんと


パッセンジャーを乗せたまま給油可能。







あと細かい事ですが


キーOFFにしたらスクリーンが自動で一番下まで下がり、


キーON で記憶した位置まで自動で上がります。


高級感ましましな演出です。



とりあえず、大慌てで報告です。


漏れたところは追って報告します。

先月 ご納車させていただいた 九州は熊本の お客様が 



ひょっこり 初回点検 にお越しくださいました。


来月の BRPジャパン公式イベント
Can-Am ツーリング in 熊本 でお会いしましょう!


日程       :  2019年 9月15日(日)
集合時間:  10:00(出発10:45予定)
集合場所:「三愛レストハウス 駐車場」 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺5621ー7
目的地   : 「草千里駐車場」熊本県阿蘇市永草


世界最大級のカルデラである阿蘇の絶景を味わえるミルクロードを抜けていくルート。
のびやかで日本離れした風景の牧草地が続く、国内でも大人気のコースとなっています。
Can-Amに乗りながら初秋の風を感じる1時間ほどのツーリングです。
Can-Amオーナー様のご参加を心よりお待ちしております。



イベント終了後
サッシュ九州支部の みなさまによる
ショートツーリング&顔合わせランチ会 を計画しております。

九州スパイダーズのみなさま奮ってご参加ください。
ルート・ランチ会場は全て未定です。


そして・・・
BRPジャパン様より こんなものが届きました。



しばらく 思い出せませんでしたが
この時の 記念品でした。



あとは
賞金の振り込みを待つだけです。

ピンキー号、今日も発進!




夜な夜な積み込みしておいて・・・




あさイチで出発です!
仕上げの洗車もバッチリです。



最近はヘビーカスタムより、
ソフトにアクセサリーパーツを取り付けるのが主流です。

MY16 F3S の ブラックサテン と
サッシュスペシャルなインテンスレッド。

 


・・・偶然だとは思いますが、
東海スパイダーズに 圧倒的支持を受ける インテンスレッド。



オックスフォードブルー 即納できます。



午後から、関西へ戻って・・・



平成ヤングスパイダーズに納車です。



駐車スペースのご不安を取り除くべく、
お電話で お問い合わせを いただいたその日に
試乗車で 訪問させていただきました。

電話より、実際に見て・触れてもらう方が早いですしね。

駐車スペースでお悩みの方、一度ご相談ください。
メジャーで測るより 実際に、停めてみる方が早いかもしれません。
スタッフが可能な限り お伺いいたします。
謹んで大雨災害のお見舞いを申し上げます。
このたびの九州北部の大雨災害により、被害を受けられました皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますよう心よりお祈り申し上げます。


今月末までの スパイダーサマーキャンペーンで
お得に GETされた方、
ありがとうございます&おめでとうございます。



サマーキャンペーンが終わっても
まだ夏は終わりません!

サッシュには お得な ディーラー特選中古車 もございます。

MY17 RTリミテッド パールホワイト 1335km

MY17 RTリミテッド パールホワイト 2463km

視認性のよい アナログメーター
別体式の防水ナビ
フロントトラベルバッグ

車検はもちろん、メーカー保証もまだまだあります。



希少になりつつある
バガースタイルのMY16 F3リミテッド もございます。

MY16 F3リミテッド ブラックサテン 2525km



希少と言えば 存在自体が知られていない
マニア向けモデル、その希少さ故、価格高騰必至??
6速マニュアルミッションモデルのRT もございます。

MY14 RT SM6 スチールブラックメタリック 2033km

MY14 RT SM6 スチールブラックメタリック 2346km


朝晩 少しずつ 秋の訪れを感じる 今日この頃。
ベストシーズンに 楽しむなら この時期の ご契約が一番です。
リンク
サッシュ・ホームへ
サッシュ・ウェブサイト

トライク・サイドカー・オートバイを扱う京都のバイクショップです。

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
6 11
13 14 15 16 17 19
21 22 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ

アクセス解析
カウンター