ツーリング、イベント、新製品生情報、裏ネタ!? 満載でお届けするサッシュ・ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ながらくお待たせしておりました。
いよいよ明日納車の
MY18 F3S 10th Anniversaryモデル。



前回製作させていただいたMY16 F3S Special Series の
オーナー様にもアドバイスいただきながら、車いす用のキャリアを製作。
キャリアも、車いすの仕様や、使い勝手にあわせてカスタム。




特注ステップでしっかり固定。




Wハンドブレーキ仕様で安心の制動力を発揮。




コックピット右には
ドリンクホルダー・USBソケット。
センターにスマホホルダー・サウンドバー。
フロントには装着率ナンバー1のブルーリッジウインドシールド。




シートは低反発ウレタン&防水フィルム。
シートベルト装着で乗車中も安心です。
GIVIのBOX用ステーを車体右側へマウント。




実にかっこよく仕上がりました。



『スパイダーで10年振りに、風を感じる事ができます!』
嬉しそうに話された、オーナー様の言葉が強く心に残りました!
当店では頑張る人を応援します! まずはお電話ください。
あなただけのスパイダー、製作します。

好評いただいております、
『F3S カラーセレクトキャンペーン』をご利用いただき、
先日、納車させていただきました。



MY16 F3S インテンスレッド



さらなるカラー変更でボンネットをブラック。センターラインを統一。
アクラポビッチ シナスターマフラーが重低音を演出します。
10周年モデル採用の立体エンブレム&リキットゴールドエンブレムのアクセント。
純正アクセサリーのクロームフレームキャップ。
ひとつひとつのパーツのチョイスとカラーセンス、イケメンですね。

納車翌日には 岐阜県下呂温泉までソロツーへ行かれたそうです。



今月末の 郡上八幡ツーリング、一緒に楽しみましょう!

自由にボディカラーを選べと言われても・・・センスないし・・・
とお嘆きのアナタ!ご安心ください。

店頭の
インテンスレッドベガスホワイトオックスフォードブルー
の中からお選びください!

詳しくは過去の記事をご覧ください。
《完成》2台のF3S
《完成》F3S Oxford Blue



3台目のカラーセレクトキャンペーンも、日本未導入カラー。



待望のオックスフォードブルーの完成です!
これは、文句なしにカッコいい!!!
ネットで見ていた海外の写真より
ちょっと薄いブルーのような印象です。



MY16 F3S OXFORD BLUE
(クリックでグーバイクのサイトへ移動します)

もちろん 0%金利 対象車です。

余談ですが、
SSグリルにカスタムしたら・・・

これって最初に登場する・・・




うーん・・・試してみたい。

こないだのクイズの答えを、お伝えするのを忘れてました。



なんのキャリアでしょーか??でしたね!
正解は・・・コチラ!!!







































・・・消火器



キャディバッグ用キャリアでした!!!

納車は、午前7時(笑)



2つの趣味を両立させる、デキるオトコの満面の笑み!
ナビ設定後、いきなり高速で滋賀県のゴルフ場へ直行!
名神の入り口へ消えていったのでした。
(後日連絡があり、その日はスコアも良かったそうです。)




アクセサリーパーツも純正品、社外品、幅広く対応いたします。




あなただけのスパイダー、製作いたします。



クイズです。
さて、なにを運ぶ(積む)ものでしょうか?



正解は、
スパイダーオーナーが納車に来られるまでお待ちください。

カラーセレクトキャンペーン用車両が完成しました。

 


MY16 F3S VEGAS WHITE
(クリックでグーバイクのサイトへ移動します)

ベガスホワイト(パールホワイト)は日本でもお馴染みのカラー
だったんですが、どうしても明るい色を投入したくて採用しました。
シンプルなSSグリルもボディカラーにマッチしています。
今後のカスタムしだいでは、

平和を守るぼくらの『F3-P』に・・・

・・・寄せていけるのではないでしょうか?




MY16 F3S INTENSE RED
(クリックでグーバイクのサイトへ移動します)

日本国内、いや世界的にみてもこのカラーのF3Sは少ないのでは??
インテンスレッドはRTとF3リミテッドのみ採用されているカラーで
もともとF3Sでは外装をコンバートしない限り存在しないんです。
今後のカスタムしだいでは、

『赤い彗星』と呼ばれる・・・

・・・寄せていけるのではないでしょうか?



このまま乗るもよし、ここからカスタムするもよし。
てっとりばやく目立ちたい方、御指名ください。
決して忘れているわけではないのですが、
いよいよこれで最終章・・・。



1カ月に渡り壮大なスケールでお届けしてきた、
『10th ANNIVERSARY カスタムプロジェクト』。


これが、




こうなる。




巨匠、Rustic氏のピンストライプ。一筆入魂で〆。



メインにゴールド、サブにオレンジの2色のラインで
派手すぎず、かと言って、地味すぎず。な仕上がりに。
オールペンより納期も価格もコンパクトです。
とりあえず、なんかしたい方、ご相談ください。

 


《おまけ》
カスタムするにあたり参考にした写真達。
クラシックなBMW、そのカスタム車、
前後異色ホイールのHP2スポーツなどなど、
画像があればイメージのズレは少ないです。


 

さて、
F3の2台ある生活やいかに・・・


おもしろい物が届きました。



『カラー シグネチャ ライト』

早速取り付けます。




日中(消灯時)はこんなカンジで・・・




夜(点灯時)になったら・・・




グリーンのほかに、色はこんだけあります。
イエロー・オレンジ・ピンク・パープル・ブルー・スモーク



ジェダイの騎士かシスの暗黒卿みたいで楽しいです。
決して忘れているわけではないのですが、
細部が少しずつ明らかに・・・。




ホイールのブラック化で『ひき算』したゴールドを
キャリパー・スプリング・フォグライトグリルで『たし算』
brembo → can-am へ、さりげなくキャリパーロゴ変更。


 

流行りのPTTスイッチ流用。通常点灯は国内仕様のフォグのみ。
スイッチONで中央ヘッドライトが点灯。変則の本国仕様。
全灯 PIAA製 LEDをインストール。現時点で最強の明るさ。




アクセントにハンドルバーもペイント。GPスクリーンはボディ同色をチョイス。


 

メーターグリル、リアフェンダーもジェットブラック化。
地味な作業だが、高級感と一体感が増す。

完成まで、もう一息。
次回いよいよ最終回、
10th ANNIVERSARY F3S カスタムプロジェクト。
カスタム車を2台紹介します。
(特にエイプリルフール要素はありません)



ツインズの50%担当の方の F3S からです。

 

AMR Racing の  グラフィックデカールで武装しました。
オレンジフレームにあえてオレンジベースのデカールを
チョイスするあたり、いかにも関西風な味付けです。

こうしてみると、僕への『憧れ』が随分強いお客様だと、うかがえます。
年上ですが、しばらく『レプリカ君』と呼ぶことにします。




さて、どんどん行きましょう。
続いては くいしん坊バンザイ! 〇見くんの作品です。



暗記シートでも、服が透けてみえるメガネでもありません。



GPスクリーン レッドです。こちらサイズは Sサイズです。
サイズは ブルーリッジ とほぼ同サイズです。




彼の レッド に対する想いはこれだけはありません。
『カスタムパーツをカスタムする』という
おしゃれ上級者のやりくちがこちら。



PPAホイール Orb( BLK / SIL ) → Orb ( BLK / Candy Red )
かなり個性的なスパイダーになりました。


カスタムもサッシュにおまかせください。




リンク
サッシュ・ホームへ
サッシュ・ウェブサイト

トライク・サイドカー・オートバイを扱う京都のバイクショップです。

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ

アクセス解析
カウンター