ツーリング、イベント、新製品生情報、裏ネタ!? 満載でお届けするサッシュ・ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


MVアグスタ ブルターレ910Rの紹介です
ブルターレはデビュー当時750ccで登場しました。
これは先にデビューしたF4と同じエンジンを搭載した
モデルとして発表されました。
この750ccエンジンは高回転では気持ちよく吹けあがるんですが、
そこに到達するまでがダルいエンジンでした。
その後、F4は1000ccになり、ブルターレは910ccへと排気量が分かれました。
910ccに排気量を拡大されたブルターレは以前より中速域からパワフルになり、
迫力あるデザイン、芸術的なフレームで、スポーツ性の高い、見た目ネイキッド、
中身はスーパースポーツと言う個性的なバイクと成りました。


FZ750が点検、オイル交換で入庫してます。
年式相応のヤレ感はありますが、大切に、お乗りいただいてます。


カスタムトライクの夜の姿です
日中はスポーティーで迫力ある姿ですが
夜は、青く光って幻想的です


GL1800のカスタムトライクの紹介の続きです。
サッシュオリジナルのワイドボディーは後ろが開きます!
その中にBOXを設置して荷物積めるようになってます。
このようなカスタムもサッシュにおまかせください♪
 

懐かしいバイクです。20年前は峠道でよく見かけましたけどね。
僕も1989年式と1991年式の2台乗り継ぎました。
89年モデルはサスペンションの減衰調整出来なかったんです・・・。
NC30はバックトルクリミッター、クロスミッション、
Rセンターロックホイール等レーシングマシンみたいでした。
TT-F3ではNSR250R等2サイクル勢が速くなってサーキットから
減っていった気がします。
でも、乗りやすくて良いバイクです。
IMG_1562.JPGついに完成しました!製作期間3年。
特に、こだわったのは、リヤセクション♪
迫力のワイドボディー&ウイング。
マフラーエンドもボディーに負けない4本出しです。
その他、いろいろあるので、また後ほどアップします。
参考価格2300万円。

IMG_1563.JPG


今日は展示車のW1スペシャルのエンジンを掛けてみました!
現在のW800やW650とは全く別物です(当たり前ですが)。
どちらかというとキャブレター時代のハーレーのような・・・。
どことなく三拍子にも聞こえます。
センタースタンドでアクセルを開けると、後ずさりする振動。
現代のオートバイにはない魅力ですね!


SAXON REAPER

カスタムアメリカンバイクの完成形の1つの形ではないでしょうか?


サッシュ製作の最新ニュースクールハヤブサです!
ボディフルペイント、ロングスイングアーム、メッキカスタム、
ワンオフマフラー、などなど見所たくさん。
IMG_5509.jpgIMG_5518.jpgIMG_5519.jpg







この車両、様々なイベント会場やメディアでご覧になった方も多いのではないでしょうか?
(高級カスタムカー雑誌のL/S(エルエス)に見開きで載ったりしてました。)
前オーナー様の愛により、これでもかと手を加えられたBUSAが入荷いたしました!

カスタム箇所は枚挙にいとまがありません!!
ご来店いただいて、実際にご覧いただくのがベストでございます。
とはいうものの、一応リストアップしますと、
フルペイントフレームポリッシュロングスイングアーム
カスタムホイールブレーキ&クラッチラジポン
オーリンズリアサスヨシムラTriコーン(わざわざポリッシュ!)
えーと・・、あとは、お店に来て下さい!!

IMG_5514.jpgIMG_5515.jpgIMG_5533.jpg






IMG_5530.jpgIMG_5525.jpgIMG_5541.jpg






IMG_5608.jpg







ゼロの状態から当店で全てカスタムしていますので、
フレームの髄まで知り尽くした素性の車両となっています。
これだけやってあって、店頭車両価格¥2,800,000-です!!
総カスタム費用はこれの2倍?それ以上?てな感じです。
めちゃくちゃお買い得です!!!
ご来店お待ちしております。
リンク
サッシュ・ホームへ
サッシュ・ウェブサイト

トライク・サイドカー・オートバイを扱う京都のバイクショップです。

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
8 9 10 11
12 13 14 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ

アクセス解析
カウンター