ツーリング、イベント、新製品生情報、裏ネタ!? 満載でお届けするサッシュ・ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
IMG_2545.jpg






昨年末から、全7回に亘ってお伝えしてきた、
ボンネビルT100カスタム計画。
綺麗に晴れた大安吉日の本日、無事納車となりましたー!
(まだ、未入荷の隠し玉パーツがありますが・・・)

IMG_2547.jpgIMG_2546.jpgIMG_2552.jpg






IMG_2549.jpgIMG_2554.jpgIMG_2550.jpg






ボンネビルはもともとクラシカルなスタイルですが、
パーツの変更でさらにオトナな雰囲気の佇まいに。
新車がここまで変わるんです。素晴らしい。

IMG_2557.jpg






納車説明が終わると、T100と共に颯爽と走っていかれました。
まずは、エンジンの慣らしですね。頑張ってください!!
楽しみですねー。羨ましいなー!

DSCF6102.jpg







先日、第一便で入荷したRSV4が
無事、書類審査を通過して(京都は書類審査が長い!!)、
本日、納車となりました。

乗り換えとなったデイトナ675とのツーショット。
初年度モデルがお好きなんですね!!>T様

お昼に納車を済ませ、その後早速、周山街道へ
シェイクダウンに向かわれたようです。
今日の昼間は暖かく、路面温度も良さそうでした。
乗り心地はいかがでしたでしょうか?


トライアンフ スピードトリプルからのお乗り替えで
本日、GSX-R750のK9モデルの納車です!

スピードトリプルではコソ錬をされていたようですが(?)、
ナナハンなら、よりスポーティに遊べるのではないでしょうか。
くれぐれも安全に、楽しく上手くなってください!

このナナハン、夜はまた別の姿を見せてくれるみたいです・・・。
次はメッキホイール!?
 

先日、カスタムペイント中の記事をアップした
ボンネビルがとうとう仕上がりました!
オーナー様のイメージカラー?であるウッディなグリーンをバックに
印象的なゴールドのフラッグを配し、
sixty8のブラウンのシートをセレクトしました。
クラシックバイクの象徴ともいえるボンネビルの個性を
引き出すトラッドでシックなカスタムとなりました。

まもなく納車ですので、このボニーが京都の街を走る姿を
想像するだけでワクワクします♪


トライアンフ スラクストン、本日納車!です。
ロケットカウルが印象的なカフェレーサー仕様で、
彼の国のACE CAFEに行きたくなる、そんなフォルムです。

お客様には大変喜んでいただき、トライアンフに携わっている者としても
非常に嬉しい限りです。これからもこのような出会いの為に、
責任を持って携わっていきたいと思います!
 

愉快なバイクたち久々の更新です。
記念すべき第10弾は初のオーナー込みで掲載!!

こちらのお客様は250ccのロードバイクからのステップアップで
デイトナ675に乗り換えされたのですが、
飽くなき走りに対する探究心で、
5月に岡山国際サーキットで開催される
トライアンフ走行会に参加されたい、ということで、
装備一式を揃えて、記念撮影~。

Berikのレーシングスーツに身を包んだ手足には
ラスト1足のSIDIの限定色Vertigo Corsaと
Berik カンガルー・レザーのSeries2グローブ。
イエローとブルーで合わせて、まるで
どこかのファクトリー・ライダーのようです。

Moto GPのポスターってこんなポーズですよね?
  

本日納車のスズキRM250。
今や、レアとなってしまった2ストロークマシンです。
makita SUZUKIデカールでキメキメ。その中にサッシュ・ステッカーも (^_^)
この足でチキンランドに行ってシェイクダウンするそうです。
やっぱり、レーサーのシンプルさは純粋にカッコ良いですね!
  

本日、納車日を迎えましたトライアンフの珠玉マシン、
デイトナ675トリプルです。雑誌のインプレッション等での高評価の通り、
サッシュ・スタッフも一押しのバイクです。
とにかく乗ってて楽しい。速さも引けを取らない!と
当店スタッフの675オーナーは熱弁しております。

こちらのお客様はそのスタッフの勧誘により、
4年間大事に乗られていた03年型のCBR600RRからの乗り換えで、
トライアンフ・オーナーとなられました。
来シーズンは675でサーキットですね。
雄姿を拝見するのが楽しみです!!


サッシュのB-KING納車第1号です!

懇意にしてくださっているお客様ですので、
お客様の了解を頂いて、納車前にスタッフが
少しだけ試乗させていただきました。

見た目ゴッツくて、いかにも重そうなB-KINGですが、
最近のスポーツ・ネイキッドの中では
かなり良くできている部類に入ると思います。

隼よりも馬力が絞ってある分、通常使用域が扱いやすく、
ポジションも安定していて、意外にツーリングに使い易いバイクです。
ただ、積載性が難点ですが・・・。

お連れ様もご購入いただいて、GSX-R1000K5、ZX-10RC型と
B-KING3台同時に納車です。豪華です・・・・。
  

ニュースクールというスーパースポーツのカスタムが
今、主に北米でよく行われています。
カウルをオールペイントしたり、メッキパーツを付けたり、
ロングスイングアームに太いタイヤを履いたりしている
スーパースポーツを見たことがありませんか?
ちなみに、ニュースクールというのは、チョッパー系カスタムの
オールドスクールに対してつけられたのが、由来のようです。

サッシュは、2004年頃から先駆け的にこのニュースクール・カスタムを
何台も手掛けてきたのですが、もっと見聞を広める為に、
毎年フロリダで開催されているデイトナ・バイクウィークに
2006年春、スタッフが視察に行きました。
そこでインスピレーションを受けて、帰国後、製作したのがこの車両です。

アメリカに行った直後だったからこそ、ペイントに髑髏などの和テイストを取り入れ、
リプレイス・パーツはスクリーン、ステップ、マフラーぐらいで
あとは、純正パーツを加工するというこだわりの元、製作されています。

余談ですが、DB5とR1000K3似てますね・・・。
リンク
サッシュ・ホームへ
サッシュ・ウェブサイト

トライク・サイドカー・オートバイを扱う京都のバイクショップです。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 15
17 18 19 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ

アクセス解析
カウンター