ツーリング、イベント、新製品生情報、裏ネタ!? 満載でお届けするサッシュ・ブログ
[1208] [1207] [1206] [1205] [1204] [1203] [1202] [1201] [1200] [1199] [1198]
RTシリーズのみに採用されている左スイッチBOX内のPTTボタン。

 

Push To Talkの頭文字をとり、本国ではアクセサリーのCB無線取付時の通話用ボタンなんです。
トランシーバーみたいに押して喋るときのボタンですね。
電波法の関係で日本では使用できませんが、このたびカスタムに一役買っていただきました。

F3Sの場合。
グリップヒーターのスイッチと弊社シートヒーターのスイッチを使えば
キー横の、もともとブランクだった丸スイッチはもう使えません・・・。



ここでユーザー様より『LEDヘッドライト本国仕様化』のご依頼が!!!
勘のいい人ならもうお分かりですね。
通常であれば丸型のフォグスイッチを流用するケースがほとんどです・・・
でも、もう満車・・・。

ここでPTTボタンの出番です。もぞもぞ移植&加工します。




一度押すと点灯。もう一度押すと消灯。



一度押すと点灯。もう一度押すと消灯。



誰にもさとられず、スマートにON/OFFが可能です。
いろいろと可能性を秘めたPTTボタンの流用方法のご紹介でした。
リンク
サッシュ・ホームへ
サッシュ・ウェブサイト

トライク・サイドカー・オートバイを扱う京都のバイクショップです。

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
3 4 5 7
9 10 11 14
15 16 17 18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
アーカイブ

アクセス解析
カウンター